RSS | ATOM | SEARCH
復習の大切さ
こんにちは平松です。
今月の入会キャンペーンも順調で定員まで後6名となりました。この後も説明会の予約が入っているので定員達成はまず間違いないと思います。皆さんありがとうございます。今日はパソコン、検定に限らず勉強全般で大切な復習についてお話いたします。

 現在、教室では 受講 → 確認問題による演習 → 受講 → 確認問題による演習

そして、何時間かこのサイクルを繰り返した後にまとめて総合演習のようなものを行っております。

もちろん、この演習はおうちでやる方もいらっしゃいますし、各アプリケーション(WORDやEXCEL)を始めてお勉強される方は教室で私達インストラクターと一緒にお勉強するのですが、たまにこの演習の部分を飛ばされどんどん受講のみ消化される生徒さんが見えます。もちろん受講のみで力のついている方も稀に見えるかも知れませんが、演習をすることによって
         
            どこまで理解できているかのチェックができる。

            実際に自分で効率よくドキュメントを作成する練習になる。

などの効果があるので必ず自分で受講した範囲の演習をすることがパソコンに限らず勉強をする上では大切なのです。また、私は長年、国家試験の受験対策を行ってきましたがそこでも次のようなプロセスで指導して来ました。

   々峙繊、 演習 → 1藹結果に対する見直し

この  銑を繰り返かえし、ある程度のボリュームを消化すると過去問題など行うのです。ここで大事な事は、その割合です。

    講義  2
    演習  3
    見直し 3

この割合は、いかに生徒に能動的に勉強してもらう時間を多くとることが大事かを物語っています。つまり講義(受動的授業)で最低限の基本のみを教え、応用は各問題で、各自に考えさせ応用力を養うのです。(もちろんその間、友人同士で相談したり、時にはこちらからヒントも与えます。)こうすることによって生徒の

            ・聞いているだけで退屈な時間が減る
           ・友人とのコミュニケーション力のUP
           ・人に教えるだけの高い理解力が養える


などのメリットが享受できるのです。ですから、皆さんもパソコンや学校の勉強に限らず
復習や、見直しはしっかり行いましょう。
author:ハローパソコン教室!イオンモール大高校スタッフ, category:講座, 15:46
comments(0), trackbacks(0), - -
教室で学ぶということは?
こんばんは、平松です。今日もイオン大高は大混雑でした。
昨日は久々のお休みで子供とサッカーの練習をやり、リフレッシュしました。
今日は、教室や学校に通う効果についてお話いたします。

たまに、「パソコンなんか独学で勉強できる。」との声を聞きます。

 この声はある人にとっては真実でしょうし、ある人にとってはとんでもない発言であると言えます。私自身、高校時代にBASIC言語を専門学校時代にCやFORTRAN、COBOL、CASLといった言語、システム設計、ハードウェア、ソフトウェア、情報数学などなどの専門知識、会社に入ってからのWORD、EXCEL講習会と様々な場面でコンピュータに関する教育を受けました。そして、これらをすべて1から自分で勉強するということはとてもできなかったであろうというのが実感です。
 これ以後、私は、フォトショップ、イラストレータ、ムービーメーカー、筆まめ、VB、JAVA、ACCESS、テクニカルエンジニアネットワーク、データベース、ソフトウェア開発技術者などなどパソコンやコンピュータに関する、言語、アプリケーション、国家試験などを独学で勉強してきましたが、やはり何らかの基礎や、学ぶ手順などを教わってから独学に入るのが良いと思います。そして、何より良く言われるのは、

               独学 = 安価

ですが、本当にこの式は成り立つのでしょうか?
たとえば、資材をすべて自分で調達し、自分で家を建てるケースを考えてください。
その場合、一般的に次の関係が成立します。
       ゞ盂曚蓮◆                安い
       ∀働時間(建物の完成までの時間)は、         長い
       思ったようなものができないリスク(失敗のリスク)は、 高い

となります。重要なことは、△鉢を金額として換算するかどうかなのです。パソコンを独学で勉強するには、

       ゞ戯爐筺⊆業料が掛からない = 安価
という側面だけを見るのではなく、

       何を勉強すれば良いのか考える時間
        どのように勉強すればよいのか考える時間
        教材を選定する時間
        実際の勉強に掛かる時間

        がかかるということ、
     
       J拔がはかどらず途中で嫌になるリスク

               ↓つまり

        教材費、勉強時間、購入したパソコンの費用が無駄になるリスクや検定
       などの場合には不合格になるリスクも一般的には独学より大きくなりま
       す。


これら、△鉢を十分に考慮した上で、パソコン教室で受講した場合の金額と比較しその教室に通うかを決めたら良いと思います。そして、教室を選ぶ際には、
            
               〕Э諭知人による信頼ある口コミ
             ¬昔討蔑繕皀轡好謄
             6戯爐領匹薫し
             そして何より、
             ぜ分の目でみたスタッフの印象
      
を考慮の上、入学を決めてください。私共ハローパソコンイオン大高校は、まだ、開校3ヶ月足らずと教室開講してからのキャリアは短いですが、私を始め、元専門学校で情報処理教育に携わっていた専門家が皆さん1人1人に合わせたカリキュラムで対応させていただいており、本日も娘さんをご紹介いただいた生徒さんを始め、ご家族、ご友人などご紹介によるご入会で教室もかなりにぎやかになって参りましたので一度ご来校下さい。スタッフ一同おまちいたしております。また、各種国家試験テクニカルエンジニア試験から基本情報、シスアド、ビジネスマナーまで各種講師派遣も請け負っておりますので、ご要望の際は教室HPのメールよりお問合わせ下さい。
  

author:ハローパソコン教室!イオンモール大高校スタッフ, category:講座, 15:38
comments(0), trackbacks(0), - -
パソコン基礎講座が大事な理由
こんにちはオーナーの平松です。今日はパソコン初心者向け基礎講座についてお話いたします。当教室ではWindowsXP版    27講座
        WindowsVISTA版 24講座

の基礎講座がございます。初心者の方は電源の入れ方から、マウスやウィンドウ操作、フォルダ、ファイルのコピーや削除、文字の入力といったすべてのアプリケーションソフト操作の基本をこの基礎講座で勉強します。基礎なんかいらないんじゃないの!!と思っている皆さん、パソコンが楽しくなるかどうかはこの基礎講座にかかっています。
                     ↓
                     ↓なぜならば
                     ↓
 スポーツに例えると基礎体力が付いていないのにすばらしいプレーはできない。基礎体力があって初めて技術の練習ができるのです。ですから、タイピングやフォルダの概念、保存のやり方はしっかり勉強していただいたほうがよいのです。ただし、この段階では初心者の方はご自分がどの程度、操作を習得されているかの実感はあまりありませんのであまり細かくあいまいなところも何度も何度も繰り返し勉強するのではなく、なんとなくこんな感じかなあで進んでいただければ結構です。各WORDやEXCELといったアプリケーションを学ばれたときに保存のやり方などを「これは基礎講座でやったところだ!」と実感していただければよいのです。

 しかし、ここで1つ問題があります。スポーツにも言えることですが、基礎練習はあまり面白くありません。その先に目的とするプレーがあるから練習できるのです。ですから、教室に通われる皆さんは私達インストラクターとどのようなプレー(パソコンの利用)がしたいのか、どんな、プレー(利用法)があるのか、しっかりと話し合って基礎練習に励んでください。また、この基礎練習攻略の秘訣は短期集中です。何事も慣れるまでは少しつめて練習し、(嫌なことは早く終わらす)基礎体力がついたら自分にあった受講ペースにしましょう。
author:ハローパソコン教室!イオンモール大高校スタッフ, category:講座, 16:12
comments(0), trackbacks(0), - -